「これだけ教えてほしいんですけど!」

IMG_0022

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

先日かかってきた電話でこういうものがありました。

あいさつもそこそこに、わたしが電話に出るなり、
「今度家を買うんですけど、
明後日までに住宅ローンをすぐに決めなくちゃいけなくて、
固定がいいのか、変動がいいのか教えてほしいですけど」と
お話を始められました。

 

FPとして、そして、プロとして、
ご相談者さんに寄り添って相談を受けるためには、
ご相談者さんが置かれている状況がわからないと、
アドバイスをすることができません。

 

そこで、「買いたい物件が決まっているのですね。
固定金利と変動金利、どちらがご相談者さんに合っているのかは、
現在の家計の状況をお伺いしてからになります」と
お答えしようとしたところ、
最後まで言わせず、電話口からは
「時間がないので、固定金利か、変動金利かだけ教えてくれたらいいんです!」と、
いらだった口調での回答が。

 

そういわれても、FPの相談には、
倫理で学んだとおり、
相談の6ステップがあります。

======================
ステップ1:顧客との関係確立とその明確化

ステップ2:顧客データの収集と目標の明確化

ステップ3:顧客のファイナンス状態の分析と評価

ステップ4:プランの検討、作成と提示

ステップ5:プランの実行援助

ステップ6:プランの定期的見直し
======================

このお電話をくださった方は、
きっと、焦っていたし、急いでいたとも思います。

 

その状況は想像できますが、
ステップ1の信頼関係が築けず、データの収集もできないままでは
ご相談にお応えすることができません。

そこで、「弊社では、お電話だけでのアドバイスはしておらず、
必ず、お会いしてご相談者さんの現状の家計と
今後の予定などをしっかりとお伺いしたうえで、
お客様に合った住宅ローンをシミュレーションしながら、一緒に考えていきます」とお伝え……したかったのですが、
「お電話だけでのアドバイスはしておらず」のあたりで、
ガチャンと電話を切られてしまいました。

このブログを書くために、履歴を探ると、
通話時間19秒。

 

弊社は、ホームページにも有料相談であることを書いているので、
こうした電話は、めったにかかてきません。

 
そして、こうした問い合わせをされる方は、
わたしのお客様ではありません。

 

 

なぜなら、お客様は私を信頼していないと感じましたし、
わたしも、信頼できるお客様ではないと思ったから。

住宅ローンは、急ぎで相談にいらっしゃる方も多い相談です。

最短の時間で、最善のアドバイスをお答えするためには、
住宅ローンの知識と共に、
FPとお客様の相互の信頼関係が必要なのです。

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


答えをもらえるのかなぁと思っていました

IMG_0105mini

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

先日ご相談にいらっしゃった方の、相談後のアンケートの一部をご紹介します(掲載許可あり)。

―――――――――――――――

今回、正直言うと「こうしたらいいよー」「これがおススメだよー」と、何か答えをもらえるのかなぁと思っていたけれど、結局、「自分で考えること」「考え方を知ることが大切なのだな」とわかった。

――――――――――――――

 

相談する前は、相談すると、「あなたにはコレ!」というように、FPが答えを出してくれるので、自分では考えなくても良いと思っていたことが、この一言からわかりますね。

 

でも、FPはご相談者さんに代わって答えを決めることが仕事ではありません。

 

ご相談者さんが自分で決断をすることの必要性に気づいてもらうために存在し、

そして、その判断・決断をするために必要な情報を提供し、

ご相談者さんが持っている力を最大限に使える状況を作ることが

FPの役割だと、わたしは思っています。 だからこそ、「こうしたらいいよー」「これがおススメだよー」というような

FP自身の考え方や決断を押し付けることが無いようにしたいのです。 ご相談者さんが来社前に想像していたFP相談とは違っていたようでしたが、

帰る頃には、「自分で考えないと、○○生命の人に言われるままに入ったことと同じですね」と、自分で答えを出すことの重要性に気づいてくださいました。

自分で考えることの重要性に気づけば、

次は考えるための力をつけようという気持ちに変化します。

 

また、一緒にご相談にいらっしゃったご主人も

「限定回数よりは、複数回相談させて頂きたい」と、

自分たちがお金について、学び、考えることの重要性に気づいてくださいました。

 

FPができるのは、ご相談者さんが決断・判断できるような状況を作ることです。

そのための、必要な情報やこころのアドバイスをあなたも意識してみてください。

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


いつでも聞ける存在へ

5b91addd216035c742f4832ea14f9bc0_s

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

 

「お布団を買い替えたんですが、これって日用品ですか? それとも特別支出ですか?」

 

家計を改善中のお客様から頂いたのがこの質問です。

 

このご相談者さんは、とっても真面目な方。

ご相談でお伝えしたキホンの通りに、ちゃんと予算分けをして、1週間の予算を決めてその範囲で生活しされています。 また、旅行などの予定している特別支出も、きちんと特別支出の目的別に積み立てたお金から使っています。
でも、「急にお布団を買い替えたお金」は、毎週買うものでもありません。

あらかじめ、予定していた支出でもありません。

 

こんなとき、だれも聞く人がいなければ、「まぁ、いっか」と、せっかく今まで続けてきたお金ルールをあいまいにしてしまいます。 でも、ここが彼女の素晴らしいところ。

気になるところがあると、自己流の判断をする前に、「どうしたらいいか」、「なぜなのか」をきちんと確認するのです。
仕事もスポーツも、うまくいっているひとからそのやり方を学ぶと、より早く、確実に上手になりますよね。 おカネももちろん同じです。

わからない部分を自己流で進めるのではなく、その道のプロにやり方とその本質の両方を習うことが重要なのです。

 

そして、彼女は「どうしたらいいの?」と思った時に、すぐに相談できる方法として、1年間の顧問契約を結んでいます。

だからこそ、早く、確実に、前向きな改善が実現できているのです。

 

自分が変わりたいと思った時には、ささいな疑問を聞ける存在がいること。

そして、その存在になれるのが、FPだと思いませんか?

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


ご相談者さんとの時間を大事にするために

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

 

ご相談者さんとの相談日程がきまったら、ご相談者さんとのお時間を大事にするために、わたしが必ず行うことがあります。

 

それが、「確認メール」。

 

次回のご相談日・ご相談時間に間違いがないかを

メールでお送りするのです。

 

それにより、私自身が送信メールを見て確認することができますし、

ご相談者さんも、「あれ?いつだっけ?」となったときに、

届いたメールを振り返ることで確認することができます。

 

また、1週間や2週間先の予定のご相談者さんであれば、

忘れることも少ないかもしれませんが

なかには、1カ月、2カ月先の予約の方もいらっしゃいます。
その場合、FPは相談を予定していても、

ご相談者の中には「ついうっかり」ということも起こってしまいます。 そこで、お互いの時間を大切にする意味で、

わたしが行っているのが、リマインドメールです。 ご相談日の数日前に、ご相談者さんに「ご相談日が近づいてまいりました」と

リマインドメールを送るのです。

 

それによって、お互いにご相談に向けて準備ができますし、

もしも、思い違いがあった場合も、事前に当日のキャンセルを防ぐことができます。 リマインドメールを送る時間はかかりますが、

お互いにスムーズな相談時間を持つための、

ちいさな、そして、大事な連絡なのです。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


そのコトバ、専門用語じゃありませんか?

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。
お金の話をする際、自分が使っている言葉は、誰もが知っていると思って使っていませんか?

 

わたしは、大学の非常勤講師として、毎年、3・4回生にお金の話をする機会があります。
FP受験講座ではなく、「パーソナル・ファイナンス」として15コマを教えますから、「FP資格を在学中に取得しよう!」と思っている学生の学ぶ意欲とは、正直、当初の意気込みが違うのが実情です(苦笑)

(学生の名誉のために行っておきますと、終了後は、大学で学んだ中で一番役立つ!と言ってくれます)

 

その「パーソナル・ファイナンス」でお金について教える際、意識していることのひとつが「言葉」です。
たとえば、「金利」や「元本割れ」というコトバ。

あなたはセミナーやお客様に伝えるときに、当たり前のように使っていませんか?
 

大学生に「なんとなくでいいから、金利が何かわかる人?」と挙手を求めると、半分ほどは手が挙がりません(年によってはさらに少ないこともあります)。

「元本割れの意味がわかる人?」という質問には、手が挙がったら心の中で「おおっ!」と思うぐらいです。

 

お金の話をする際には、当たり前のように使う「金利」や「元本割れ」という言葉。

 

これを「学生は知らないかもしれない」と思って話さないと、「投資には元本割れのリスクがある」という話をしても全く伝わらないのです。

 

そんな学生も、就職して社会生活を送るなかで、少しずつ、周りの言動から「金利」も「元本割れ」も学んでいくわけですが、義務教育課程で学んだ言葉ではありません。
そして、それはあなたのところにいらっしゃるご相談者も同じです。

 

だからこそ、説明をする際には、「わからなかったら聞いてくださいね」というだけではなく、説明しながら、お客様の表情はもちろん、一挙一動に最大限の注意を払うことが欠かせません。

 

聞かれる前に、FPが「なんかわかりにくそうな顔しているな」と気づき、一歩先に、言葉を置き換えて説明するスキルが必要なのです。

お金の知識をご相談者の知識や興味状態に応じて、どのように伝えるかは、家計講座でお伝えします。
さらに、ご相談者のこころの変化を少しでも知りたいと思ったら、「心理・倫理」のスキルが必要です。
 

家計の知恵とこころの学び。
FPユニバーシティで両方を手に入れてくださいね。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


これからは自分のために生きます

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

今回は、先日ご相談にいらっしゃった方の変化をお伝えします。
(特定できないように、一部変更しています)

「離婚してから、子どもが大人になるまではと思って頑張ってきました。
でも、その頃には、父の介護が大変になり仕事を辞めることになったんです。
それでも、父の年金があるうちは生活できていたんですが、
父が亡くなった後、収入は減るし、今のパートだけだとギリギリだし、
これからどうしたらいいでしょうか」

せきを切ったように訴える、50代の女性。

FP相談は、お金の相談の場ではありますが、
人にあまり言えずに貯め込んできた思いを吐き出す場にもなります。

この方がおっしゃるとおり、
家計の状況を伺うと、
確かに毎月の収入を上回る支出で生活をされていらっしゃるため、
家計を見直す必要がありました。

ただ、よくよく話を伺うと、
この方には「ないものと思っている」という
お母様が亡くなられたときに相続された
数千万円のお金がありました。

このお金は、子ども達にも伝えていないお金であり、
自立して生きていくためには
「ないものと思って頑張ろう!」と必要だったお気持ちだと思いますが、
自分ひとりで頑張る思いが強すぎると、
いつのまにか「使ってはいけないお金」になってしまい、
そのストレスが大きくなってしまっていたのです。

困ったときには、
自分が持っているものを活かすという、心の切り替えが必要です。

そこで、ご相談では、
「ないものと思っているお金」を「使えるお金」という考え方に気づいてもらうべく、
こころの縛りをなくすことを意識しながらお話をしました。

そして、相談終了後、ご相談者さんから出てきたのは、
「今までは、子どもや親のために生きてきた気がしましたが、
これからは、自分のために生きます」
という一言。

パートでいくら働くか、
年金の受け取り方をどうするか、
今の家計をどう見直すか。
どれも大事なことですが、自分の心が決まると、
これからの人生は、いかようにでも変えられます。

そんな、自分らしく生きることに気づいてもらう相談ができるFP仲間を増やすことが、
FPユニバーシティの想いです。

   


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


「被害者」をなくすためにFPができること

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

「保険を売られた」
「投資信託を買わされた」
など、金融商品を契約したときのことを被害者のように語る方がいらっしゃいます。

でも、本当に「○○された」という被害者なのでしょうか。

保険であれ投資信託であれ、金融商品に興味があった、必要性を感じた……などといろんな事情があって、行動にいたったはず。
買った瞬間は、何らかの納得と満足があったと思うのです。

それなのに、「○○された」と口にされるため、その経緯を詳しく聞くと、「無料」を利用された方が圧倒的に多いようです。

相談無料の保険ショップや保険会社の担当者。
相談無料の銀行や証券会社。
相談無料の無料セミナー。

いずれも、株式会社などの利益を追求する団体が運営しながら、「無料」がキーワードになっています。

間違えてほしくないのは、「無料」が悪いわけではないこと。

有料ならいかないけれど、「無料ならやってみようか」と思って、第一歩を進んだことがある人も多いはず。
消費者が「無料イコールいいこと」と思っていることが課題なのです。

そしてこの課題は、「なぜ無料なのだろう」ということを考えるだけで解決します。

保険会社や保険ショップは、なぜ、無料相談なの?
→保険を販売するための相談だから無料

銀行や証券会社は、なぜ、無料相談なの?
→投資信託や保険などを販売するための相談だから無料

無料セミナーは、なぜ、無料なの?
→自社の告知をしたり、商品を知ってもらったり、販売するためだから無料

こんなふうに無料ビジネスの理由を考えるだけで「○○された」という被害者から、「無料サービスを上手に使おう」という賢い消費者に変われるはず。

「○○された」という声を聞くたび、対等に行動でき、利用できる消費者になってもらう機会をつくることも、FPの役割のひとつだと考えずにはいられません。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


相談で「理論武装」していませんか?

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

わたしはFPになって、今年の秋で16年目に突入します。
今でこそ、相談業務は「楽しい」仕事ですが、相談業務に慣れない頃は、楽しいというより、必死感の方が強かったことを思い出します。
「お金のことをちゃんと伝えなきゃ」と、とにかく、いろんな知識を伝えることで精いっぱいだったのです。

これは、「ちゃんと伝えたい」というFPとしての思いはあるものの、ご相談者の質問や悩みに対して「理論武装」している状態です。
そのため、ご相談者さんに答える回答にFPの力が注力され、ご相談者ががなぜその質問をしているのか、というその心の背景に想いを寄せる余裕がありません。
でも・・・ご相談者はそんなFPを求めているでしょうか?

制度のしくみや用語解説なら、ネットで情報が見つかります。
(真偽のほどは別ですが…)
手軽に情報や体験談が得られる時代においても、リアルのFPに会って相談したいというのは、単に知識だけではない、「何か」をご相談者は求めているのです。

理論武装のFP相談では、ご相談者の信頼は得られません。

あなたの相談は、ご相談者の求める「何か」に応えていますか?

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


わからないことを聞かれたらどうしよう

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

「FPになって相談業務をしたい!」と思ったとき、多くの方が不安になるのが「わからないことを聞かれたらどうしよう」ということではないでしょうか。

相談、執筆、セミナーというFP業務3本柱のうち、執筆は、自分で書いた文章を、納品や公開する前に他人に読んでもらって、修正することができます。

セミナーも、当日までに何度でも練習することができ、他人にデモセミナーを見てもらうこともできます。

でも、相談の主役はご相談者さんであり、事前に想定したいた通りに会話が進むとは限らないため、執筆やセミナーに比べると余計に「わからないことを聞かれたらどうしよう」という不安が募るようです。

そこで、FPユニバーシティのカリキュラムでは、卒業までの間に、相談業務を実践してもらっています。

事前に相談者からは「○○について教えてね」と相談内容を聞いているのですが、実際に相談が始まると「最初に言っていた相談内容からどんどん広がって、違うことを聞かれた!」と言うのもよくあること。

「住宅ローンの相談と聞いていたから、一生懸命住宅ローンのサイトで金利を勉強していったら、保険のことを聞かれた」や、「教育費と聞いていたのに、実際は教育費を払いながら家を買えるかどうかの相談だった」ということに、「内心焦った!」いう感想を漏らす方もたくさんいらっしゃいます。

それでも、受講生全員が、そのハプニング(?)を乗り切っています。

その理由は、「全てが載ったテキストがあるから」です。

家計管理の方法から教育資金、老後、運用、保険、住宅ローン、社会保険、税金と、家計相談に必須の情報が1冊のテキストになっているので、迷わず、正しく、自信を持って伝えることができます。

さらに、FPユニバーシティの家計相談では、それらの正確な知識とその使い方に加えて、「伝わる方法」もお伝えします。

だからこそ、ご相談者さんの心に寄り添って、相談を受けることができるのです。

FPユニバーシティで、自信をもって相談業務ができるFPになりましょう!


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


言葉以外に……

こんにちは。
家計相談担当の前野彩です。
今回は、「言葉以外に」というテーマでお伝えします。

――――――――――――

初めてご相談にいらっしゃる方は、なんらかの不安や緊張を感じています。

 

・どんな人なんだろう? ・どんなことをするんだろう?

・貯金ができていないから怒られるかな?

・1回の相談で終わるのかな?

・他の人はどんな感じなんだろう?

 

そして、きっと同じくらいに期待もあります。

 

・この相談で変わりたい!

・きっと何とかなるはず!

・これで安心して○○できる!

・気持ちよくお金を使えるようになりたい!

・プロの人に話を聞いてもらってスッキリしたい!

 

などなど、ご相談者さんの気持ちは、十人十色どころか、十人百色ぐらいに多種多様な想いを持っています。

ここでは、いろんな想いが合わさったこの状態を仮に「緊張」といいますが、この緊張をあなたはどんな風にほぐしますか?

(考える…)

「緊張しないでくださいね」と声を掛ける方法は、一番実行しやすい方法でしょう。

でも、もしもあなたがご相談者だったとしたとき、「緊張しないでくださいね」と言われただけで、心の底からリラックスできますか?

ご相談者さんが「相談したい」と思い、「相談できる場所」であり、「相談するに値する人だ」と感じるには、言葉だけでは足りないのです。
言葉以外に、あなたができる相談者さんから信頼を得る方法を考えてみてくださいね。

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。