落語の『マクラ』に学ぶFPセミナーのテクニック①

487214_383397401714065_1719190519_n

セミナー講師担当の中野です。

わたしの趣味の一つに落語鑑賞があります。といっても劇場や寄席に行くことはほとんどなく、テレビや動画レベルなのですが、講師としてのテクニックを落語から学ぶこともよくあります。

その一つが『マクラ』です。

落語はいきなり本題に入らず、世間話や本題を簡単に説明してから、本題に入るのが一般的で、ここの部分がFP講師としてもとても参考になります。

その一つが、「本題に出てくる用語の説明」です。

落語の中でも古典落語の場合、物語の舞台はほとんどが江戸時代です。このため、現在では使われていない道具や用語が出てきます。しかもその言葉が落語のポイントになる場合もありますので、初めて落語を聞いてくださる人にも楽しんでもらおうと思うと、その用語が何かを説明する必要があります。

例えば、「子別れ」という落語があります。このなかに「かすがい」という道具が出てきます。このかすがいが落語の下げ(最後のオチ)に重要なのですが、今はかすがいというものを知らない人がほとんどですから、最後に、「子はかすがいとよく言ったもんだ」「だから父ちゃんは、おいらの頭をぶつんだね」と言われても「???」となります。
これを落語のマクラで、「昔は家を建てる時に木材がずれるのを防ぐのに「かすがい」という釘を打つのです」と事前に伝えることで、子どもの頭とくぎの「かすがい」を掛けているのだということが初心者でもわかり落語が楽しめることになります。

これはFPセミナーでも言えることがあります。

お金や税金、社会保障で使われる用語は普段使われない用語もたくさん出てきて、その用語がセミナーで重要なポイントになることもあります。

セミナーの初めに、重要な用語を短い時間で分かりやすく「こういう意味なんだ」と理解してもらうと、参加者の頭の中にセミナーの内容をスムーズに理解してもらえるようになり、満足度の高いセミナーになります。

難しい用語をそのままセミナーで使ってたかも?と思った人は一度、セミナーの冒頭でその用語の言葉を事前に説明する『マクラ』を入れてみましょう。

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


三大FP相談とは?

セミナー講師担当の中野です。

FPの相談は多種多様です。

それは、FPが暮らしのお金に対して「包括的なアドバイス」を行うことができるからで、一般的にもそのように認知されつつあるということだと思います。

もちろん、相続専門、老後・介護専門などと相談分野を絞ってFP相談やセミナーを行っている人もいますし、そのような活動もよいと思います。

ただ、みなさんは、「包括的なアドバイスができるFPになりたい」と思った場合、どのような分野から知識や相談ノウハウを習得すればいいと思いますか?

・・・

・・・

・・・

・・・

実は、FP相談で多い3つの分野があります。

それは、「保険」「住宅購入」「資産運用」です。

FP協会が開示ている相談会の統計データでこの3つが上位に上がっていますし、わたし自身の相談でもこの3つがとても多いのが現状です。

しかし、いろいろなFPに聞いてみると、意外に「住宅相談は不得意」という人が少なくありません。もちろん、ライフプランを組んで身の丈予算を検討することはできても、「実際に住宅購入の実行支援」をしようとしても何もわからないというFPは少なくありません。

しかし、相談者が「保険」「住宅購入」「資産運用」に関して実行していく上では、「住宅購入」が一番不安に感じています。

なぜなら、金額が高額なのにも関わらず、不動産会社や販売会社からは1~2週間で決断を迫られることも少なくありません。

これから独立FPを目指す人には是非、住宅購入コンサルティングができるようになって欲しいと思っています。

FPユニバーシティでも1月に住宅購入コンサルティングの講座を開催します。

【2019/01】住宅購入コンサルティング集中講座

単に知識だけでなく、実行支援ができ、実務家FPとしてお客さまから相談料をもらえるレベル以上の内容となっています。

「来年は独立に向けて、何かしていこう!」と考えている人にはぴったりの講座になっています。

講師は10年以上FPとして活躍している竹原 FPです。

実務家FPとして住宅購入コンサルティングに必要なノウハウをしっかり学べる機会ですので、是非ご参加ください。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


業務委託型のFP講師のオーディションについて

b84314ffb631f548bc98d8acd25960cf_s

セミナー講師担当の中野です。

FPとして講師をするときに色々な形態で登壇する機会があります。

その一つに、業務委託型講師業務があります。

例えば、確定拠出年金の導入や継続研修、投資信託の販社営業社員勉強会やエンドユーザ向けのセミナーなどです。

これらの業務委託型の場合、事前にオーディションがあり、問題がなければ採用され、業務が発生した場合に連絡が入り、講師として登壇するという流れになります。

つまり、「オーディションに受かる」ことが出来ないと登壇できないということになります。

オーディションというと、それだけで「やめときます」という人も少なくありませんが、そんなに難しいことでもないので、是非チャレンジしてもらいたいと思います。

 

オーディションで大事なことは

オーディションと言っても、芸能人のように何千人の応募があって・・・というものではありません。

FPに講師の素養があるか、登壇できるだけの知識があるかを確認するためのものです。

なので、基本的な講師のスキルと業務に必要に知識があれば大丈夫です。

わたしが何度か受けた感想では、講師ノウハウと知識が標準であれば、オーディションは通過すると思っていても問題ないと思います。

ここでポイントなのが、「知識」の部分です。

どのような知識が必要であるかは委託する側のニーズによって異なりますが、ほとんどの場合「正確な知識」と「資料内容の熟知」になります。

質問に対してすぐに答えることが出来なかったとしても、回答に該当する資料のページなどを伝えることがあれば問題ありません。

オーディションの場合、事前に資料が送られてきて、どのような内容の審査があるか知らされています。

なので、オーディションまでにしっかりと資料を確認することが大事です。

オーディションというと、腰が引けてしまう人も少なからずいますが、自分の実力を試すよい機会と思って、チャンスを逃さずにチャレンジしてみてください。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


相続税の申告が必要な3万人

5398a4d151bd1a8fbfe0919f19f2c9f9_s

こんにちは、相続・不動産担当のエフピーコンパスの平井です。

平成28年度の相続税の統計年報を国税庁のホームページから確認することができます。

平成28年度中に相続が開始した被相続人から、相続、遺贈又は相続時精算課税に係る贈与により財産を取得した者の平成29年10月31日までの申告又は処理(更生、決定等)による実績を、全数調査の方法で調査・集計したものです。

その統計資料には、申告・課税状況や国税局別の課税状況、課税価格階級別や相続財産種類別課税状況などの情報がありますが、その中に、課税状況の累年比較の項目があります。

平成27年の相続から、基礎控除が3000万円+600万円×法定相続人の数となり、相続税を支払う人が増えています。

その改正に伴い、統計年報の項目が追加されました。平成26年までは、課税状況のみが発表されていたのですが、平成27年からは、申告状況も発表されるようになりました。

申告状況 被相続人の数
平成27年 133,176
平成28年 136,891

課税状況 被相続人の数
平成27年 103,043
平成28年 105,880

ということは、3万人の方は、申告はしたが相続税が課税されていないということになります。

課税価格の合計が基礎控除を超えて申告が必要であったが、小規模宅地の特例や、配偶者の税額軽減により、相続税を支払わない人が約3万人いることになります。


支払う相続税の金額が0円であっても、相続税の申告が必要になります。確定申告とは異なり、自分で相続税の申告を行うことは、実際には難しいかと思います。(書店に行けば、相続税の申告が自分で出来る本が並んでいますが
ということで、支払う相続税の金額が0円なのに、税理士さんに相続税申告書の作成を依頼することで、数十万円の費用が必要になることになります。

逆に考えると、相続税が基礎控除を少し超える程度の財産の方に対しては、贈与や生命保険等を活用して課税価格の合計が基礎控除を超えない対策を行うことで、申告が不必要になるということです。

実際に私のお客様でも、生前に一時払いの終身保険に加入することで、基礎控除を超えなかったので、申告する必要がなかったと喜んでいただけたお客様もおられます。

小規模宅地の特例を使うことで大きく財産価額が下がる方は難しいですが、ご自宅と預貯金等で基礎控除ぎりぎりかもしれないという方には、生命保険の非課税枠の活用や暦年贈与(3年以内の持ち戻しには注意)、住宅資金の贈与、教育資金の一括贈与等を活用することを提案してみてください。

ただし、婚姻期間が20年以上過ぎた後に、夫婦間で居住用の不動産を贈与した時の最高2000万円までの配偶者控除については、贈与税はかかりませんが、相続と異なり登録免許税の金額が高かったり、不動産取得税が課税されたりと数十万円の費用が必要になりますので、活用については十分注意してください。

単に、「贈与をされていますか」「生命保険の非課税枠を活用されていますか」というお話をするのではなく、統計情報等を示しながら、「お客様はこの3万人に入るのではないですか」というお話をきっかけに、具体的な相続の話につなげていただければと思います。

 

ファイナンシャル・プランナーとして、不動産・相続を学んで、円満な相続を一緒に実現していきましょう。

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


FP講師はセンス!?いえいえチャンスを逃しますよ・・・

8f133aa92418743b00046f7fdb6f3629_s

セミナー講師担当の中野です。

これからFPとしての活動を目指す人が既に活動されている
FPの講座やセミナーを聞いてこんなことをいうことがあります。

「〇〇先生は、セミナー上手ですよね。それに比べると私は講師のセンスがなくて・・・」

確かに、セミナーで上手に話している人を見ると、
いとも簡単に進めていくので、

「ああ、この先生は元々センスがある人なんだ・・・」

と思ってしまかもしれません。

しかし、わたしが知っているセミナーが上手な人はFPに関わらず、
とても努力している人が多いです。

あるFP講師の手元資料を見たことがあるのですが、資料にはビッシリと
メモ書きがされていました。

内容は、話す内容だけでなく、板書のタイミング、手振り素振り、
タイムスケジュールなどありとあらゆることが書かれてしました。

つまり、それだけの事前の準備を行っているということで、センスだけで
上手にセミナーを行っているワケではありません。

逆に、センスだけでセミナーを行ってしまうと、ちょっとしたトラブルなどでも
進行に影響が出たり、受講者の満足度を下げてしまう事にもなりかねません。

そして、一番残念なのが、「センスがないから」と言って諦めてしまうことです。
基礎的な技術を身につけて努力をすれば、センスを補うことは十分できますし、大きな失敗をすることは決してありません。

場を盛り上げながら、壇上で上手に話す人を見ると「センス」を感じるかも
しれませんが、決してセンスだけではないですし、センスがなくても努力で
魅力的なセミナーを作り上げることは可能です。

セミナーの依頼などが来たら、チャンスを逃さず努力してくださいね!


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


自信がついたらFP講師デビューします!?

a0008_001789_m

セミナー講師担当の中野です。

先日、こんな人に出会いました。

 

「わたしも講師として活動したいと思っているんです。
自信がついたら登壇したいです!」

 

これってよく聞くような決意表明ですよね?

あなたはこれを聞いてどう思いますか?

 

「やる気があって、気合が入っているな」

 

と思うでしょうか?いやいや、そうではないですよね。
結局逃げているだけではないでしょうか?

「自信がついたら」ということは、つかない限りはしない、
ってことにならないでしょうか?

 

ちなみに、わたしは、FPとしての初登壇は10年以上前ですが、
いまでもセミナーは自信がありません。

 

でも、登壇をしています。

 

自信がないので、一生懸命準備をしますし、セミナー中も必死です。

緊張もしますし、もちろん失敗もします。

何が言いたいかというと、100%の自信がつくことはまずありません。

自信がないから一生懸命できるんです。

 

これは、別の理由も同じです。

「CFPを取ってから」「〇〇資格を取ってから」
「◇◇研修を受けてから」と問題を後送りにしていないでしょうか?

 

もし、「よかったら登壇してみないか?」と言われたときに、
断ったら、次はないと思っておいてください。

 

初めて登壇するのはとても勇気がいることかもしれませんが、
スタートしないと何も始まりません。

 

何かを理由にデビューを遅らせないでくださいね。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


ホームページからセミナー講師の依頼が来るようにするには?

a0002_000169_m

FPユニバーシティでセミナーの講座担当している
LBプランニングの中野です。

今日はちょっと角度を変えて、依頼をいただく方法のひとつについてお伝えします。

セミナー講師として、依頼の経路はいろいろあります。

DCの導入・継続教育や金融機関関係の講師の仕事はエージェント会社経由が
ほとんどかと思いますが、行政関係だと直接営業に行って獲得されている人も
いらっしゃるようです。

わたしも行政関係のセミナーを受注したことがありますが、
営業をしたことはありません。

どのようにして受注したかというと、先方から連絡があって、
セミナーの依頼を受けています。

どうやって行政から直接連絡が来るの?

ほとんどの場合、電話でご連絡をいただくのですが、
電話をくださった経緯を聞くと「ホームページを拝見して・・・」
という答えが返ってきます。

以外と思われるかもしれませんが、セミナーや執筆などの依頼は、
数多くはありませんが、ホームページからも来ます。

わたし達が何か調べ物をするとき、買い物をするときなども
インターネットで検索しますよね?
それと同じように、セミナーの企画者やライターなども求めている
専門家がいないかインターネットで検索しています。

実際、私の知人が東京でライターをしているのですが、企画などで
今まで担当したことがないジャンルで自分の周りにその専門家が
いない場合、インターネットで検索して探すと言っていました。

なので、実績があまりなくても、インターネット上で担当者の目に
留まれば依頼をいただく可能性は十分にあります。

担当者の目に留まるには

セミナーを検討している担当者の目に留まるにはどのようにすればよいか?

大きく分けて2つあります。

ひとつは、セミナーの実績です。

「わたしはこんなセミナーをしたことがありますよ」

とPRするのです。

実績があった方が担当者も安心感があり頼みやすくなります。

もう一つは、ブログです。

「お役立ち情報」といった形で見た人に役に立つ情報を発信するのです。

この時に大事なのは、正しい情報をわかりやすく発信するのは当然ですが、
自分自身の持論やどんな人に役立つのかも書いておくことです。

私の実体験ですが、ある市の外郭団体からセミナーの依頼が電話で
あったのですが、「今、女性のおひとり様向けのマネーセミナーを
考えていて、講師を探していたのですが、中野さんのブログで書いていた
内容に共感してお願いしようと思った」と依頼された理由を
教えていただいたことがあります。

つまり、この担当者は、情報だけでなく、

私の「おひとり様向けのお金の考え方」に共感、興味を持っていただいて

連絡してくださったワケです。

このケースの場合、実績などはほとんど関係なく、お金との向き合い方の
考え方が担当者のイメージに合った結果です。

ホームページからだけで講師の依頼をどんどん得ようとするのは
難しいと思いますが、もし定期的にブログの更新をしているのであれば、
今回の内容を参考にブログの書き方を意識してみてください。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


『なくて七癖』だけど、癖はできるだけ減らそう

2e6b5201cee0399dfb9fc004a43128f4_s

FPユニバーシティでセミナーの講座担当している
LBプランニングの中野です。

『無くて七癖(ななくせ)有って四十八癖』ということわざがあります。

意味は、だれにでも癖はあるものだ、という意味です。わたしは、だから人の癖をあれこれ言うのはよそう。自分にも癖はあるんだから、という戒めかな、と思っています。

ただ、講師として登壇するときには、癖はなるべくない方がいいです。

特に気を付けて治した方がいい癖をご紹介します

・頭を掻く

・言葉と言葉の合間に「あー」「えー」という
(うん、ね、なども同じ)

・同じ言葉を繰り返す

・無意味に歩き回る(左右に行ったり来たりする)

・演台の端をもって話す(演説風の姿勢)

・早口

・ポインターを振り回す

などです。

何か演出のために故意に行っているのであればよいのですが、大体の場合、意識せず『癖』で出てしまっていることが大半です。

わたしの場合、「演台の端をもって話す(演説風の姿勢)」がつい出てしまいます。とても偉そうに話しているように見えるので、親近感や共感を持たせたい場合はよい癖とはいえません。

もちろん、受講生を煽るような場合であれば意識的に演台の端を持って話してもいいかもしれませんが、前述のように癖で出てしまっている場合はよくありません。

癖は自分ではわからない

そして、残念なことに癖は自分ではわかりません。

人に指摘してもらうのが一番なのですが、みなさんいい人なのであまり悪い指摘をしたがりません(苦笑)。

では、どうすればいいか?

何度か書いていますが、『自分のセミナーをビデオで撮る』のが一番です。

ビデオと言っても、2~3万円のホームビデオで十分です。

DVD販売をするワケでもないので、登壇しているところ全体が写れば十分にわかります。

わたしも、許可がいただけるほとんどの場合、ビデオを撮っています。

全部を観るのは大変ですが、少しだけでも、何かしながらでも自分が登壇しているところを観るととても勉強になります。

セミナーで登壇する機会があったら、是非ビデオを撮って下さいね。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


セミナー講師としての服装は?

FPユニバーシティでセミナーの講座担当している
LBプランニングの中野です。

今日は講師として登壇するときの服装についてお話します。

今日のお話は基礎的な話なので、
「あの講師はこうしているけど・・・」
というようなことは横に置いておいてください(^^)

スタンダードな服装は?

やはり、スーツです。

これは、男女での違いはなく、スーツが登壇するときの
スタンダードな服装になります。

極端な話、リクルートスーツをイメージしてもらったら
いいと思います。

紺か黒、グレーあたりでしょう。
紺やグレーでも明るすぎないものストライプが
入っていてもOKですが、ストライプがきつい(太い、目立つ)
ものは避けた方が無難です。
そして、デザインもスタンダードなデザインにしておきましょう。
最近は男性のスーツでもバンツが非常に細かったり、丈が短くて
靴下が丸見えのようなデザインもありますが、オススメできません。

そして、シャツは白、襟はスタンダードかワイドです。
襟も最近はホリゾンタルやカッタウェイのようなノーネクタイの時に
きれいに見える襟などが流行っていますが、基本的にNGです。

もちろん、ネクタイはしっかりと締めます。
色も落ち着いた色がいいですね。

アナウンサーを参考にしよう

服装については、アナウンサーを参考にしてもらうといいので
はないかと思います。

それなりの情報番組に出演しているアナウンサー、
特にメインのキャスターを務めている人はしっかりとしています。

是非、注目してもらいたいのは、上着のボタンです。
開けている人はほとんどいません。開けている場合は中に
ジレを着用していると思います。

実は、上着のボタンは、芸人さんでもきちんとしめています。
特にある程度の名前が売れた人はきちんと上着のボタンをかけています。

一度、情報番組でブラマヨの小杉が一生懸命ボタンをしめようようとして、
どうしてもお腹が邪魔でしめることが出来なかったのを見たことがあります。
たぶん、スタッフさんからしめるように指示されたためかな、
と思いながらその場面を観ていました。

そこまで気にしなくちゃいけないの?

自主開催や、仲間内の勉強会、すでにキャラクターが出来上がっている
講師の人は気にしなくてもいいか、キャラクターづくりとしての
服装をしてもいいと思います。

しかし、依頼モノ、特に、金融機関から依頼された場合は、
今回お伝えしたスタンダードな服装を求められます。

もし、金融機関からの依頼やアプローチの際には当然、セミナーや
勉強会に登壇する前に金融機関の方と面談、打合せが行われます。
その際に、服装は必ずチェックされるので、気を付けてもらえたらと
思います。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


「〇〇だからできない」と諦めていませんか?

FPユニバーシティでセミナーの講座担当している
LBプランニングの中野です。

今回もテクニック的な話ではなく、
マインド的なお話をしたいと思います。

よく、FPで独立を目指しているという人とお話をすると、

「独立したいと思っているんです。でも、〇〇だから・・・」
と少し諦めてしまっている人が居ます。

ちょっともったいないなぁと思ってしまいます。

と、言うのも完璧な状態で独立スタートした人はほとんどいないと思います。

何かしら問題というか、独立するのに躊躇するような状況からスタートしています。

なので、「〇〇だから・・・」ということでスタートするのを諦めないで欲しいな、と思っています。

発想の転換をしよう

「〇〇だからできない」というところに発想の転換をしてみてください。

「○○だけど、できる」方法を考えるのです。

セミナーであれば、よく「まだまだ勉強不足だから・・・」とか、
「質問が来たら答えられないから」というものがあります。

では、「今ある知識でも満足してくれそうな人向けのセミナー」にするとか、「質問はなしのセミナー」をすればいいんじゃない?と考えてはいかがでしょうか?

例えば、投資のセミナーであれば、「証券会社に口座開設もしていない、本も読んでないけど興味だけある人向け資産運用セミナー」とかです。

質問が怖いのであれば、ウェブセミナーとう方法もあります。ウェブセミナーであれば、一方的ですから質問されようがないですよね?

このように、「〇〇だからできない」から「○○でもするには」に発想転換しましょう。

きっと、何か解決策が浮かびますよ(^^)/

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。