三大FP相談とは?

セミナー講師担当の中野です。

FPの相談は多種多様です。

それは、FPが暮らしのお金に対して「包括的なアドバイス」を行うことができるからで、一般的にもそのように認知されつつあるということだと思います。

もちろん、相続専門、老後・介護専門などと相談分野を絞ってFP相談やセミナーを行っている人もいますし、そのような活動もよいと思います。

ただ、みなさんは、「包括的なアドバイスができるFPになりたい」と思った場合、どのような分野から知識や相談ノウハウを習得すればいいと思いますか?

・・・

・・・

・・・

・・・

実は、FP相談で多い3つの分野があります。

それは、「保険」「住宅購入」「資産運用」です。

FP協会が開示ている相談会の統計データでこの3つが上位に上がっていますし、わたし自身の相談でもこの3つがとても多いのが現状です。

しかし、いろいろなFPに聞いてみると、意外に「住宅相談は不得意」という人が少なくありません。もちろん、ライフプランを組んで身の丈予算を検討することはできても、「実際に住宅購入の実行支援」をしようとしても何もわからないというFPは少なくありません。

しかし、相談者が「保険」「住宅購入」「資産運用」に関して実行していく上では、「住宅購入」が一番不安に感じています。

なぜなら、金額が高額なのにも関わらず、不動産会社や販売会社からは1~2週間で決断を迫られることも少なくありません。

これから独立FPを目指す人には是非、住宅購入コンサルティングができるようになって欲しいと思っています。

FPユニバーシティでも1月に住宅購入コンサルティングの講座を開催します。

【2019/01】住宅購入コンサルティング集中講座

単に知識だけでなく、実行支援ができ、実務家FPとしてお客さまから相談料をもらえるレベル以上の内容となっています。

「来年は独立に向けて、何かしていこう!」と考えている人にはぴったりの講座になっています。

講師は10年以上FPとして活躍している竹原 FPです。

実務家FPとして住宅購入コンサルティングに必要なノウハウをしっかり学べる機会ですので、是非ご参加ください。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です