【倫理・心理㉖】相談を受け付ける前に必要なこと

182月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

心理・倫理担当 心財育成株式会社 安達です。

FPであれば個人相談を受けることがあると思います。

「相談」とは、問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること。また、その話し合い(デジタル大辞泉)という意味です。

以前、相談を受け付けていたFPの方が相談者に「〇〇と言ってやった」と言っているのを聞き、耳を疑いました。明らかに話の内容からFPが相談者に自分の感情を前面に出した考えを押し付けたように言っているのが明らかだったからです。

「相談」は、問題解決のために “話し合う” ことが前提です。それを言い放っているようでは相談ではありません。

相談を受け付ける者として、自分の気持ちをコントロールすることはもちろん、その前に無批判でいることが重要です。

相談の場を安全・安心にしておくことが、相談を受け付ける者としての基本だと考えます。

自分の心を取り扱うことができるよう、自分と対峙することが先決です。

自分の心を取り扱いを知りたい方はこちら。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です