【倫理・心理㉗】お金が循環するために必要なこと

183月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

心理・倫理担当 心財育成株式会社 安達です。

経済活動が活発になること、景気がよくなるためには、言うまでもなくお金が循環することが必須条件です。

2018年12月21日 日本銀行調査統計局発表による
2018年9月末時点での家計の金融資産が1,859兆円。内預貯金が968兆円。

これらのお金が出回らないのは、未来の生活への不安という恐怖心があることは否めません。

数か月前にデンマークの方とお話する機会がありました。
デンマークはご存知の通り、税金は日本より多いものの社会保障の充実は耳にされていることだと思います。
そこで貯蓄について質問してみると「旅行にいくために貯めるとか、車を買うために貯める程度です」という答えが返ってきました。
「将来への不安はありますか?」と質問してみると「社会が安心なので」という答えでした。
税金の使い道は透明性があるとのこと。

私たちFPが相談者にかかわっていく折に重要なことは、どのようにすれば安心できるという状態になるのかという点ではないかと思います。
不安があるから恐怖心のためお金を手放さない。
滞っているので動きは鈍くなる。
そして景気は良くならない。

相談者の心の不安を安心へと変化させるサポートこそが、FPとしての重要な役割であり、心理について知ることは大切なことだと考えます。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です