セミナーでは冒頭に時事ネタを取り入れよう!

87月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 セミナー講師 ブログ

LBプランニングの中野です。

 

セミナーや講演会は集客の方法や対象者によって異なりますが、
大体の場合、セミナーの内容に興味を持って参加される人がほとんどです。

 

ただ、企業型の確定拠出年金の導入説明会など、参加者が消極的
(仕方なく、義務だから)参加をしているような場合もあります。

 

また、投資信託などの紹介のセミナーでは、投資に関しては
熱心であってもその投資対象に対しては参加時点では
興味がない場合があります。

 

このような場合、参加者にまず興味を持ってもらうことが大事です。

 

どのようにして興味を持ってもらうか、はいろいろな方法がありますが、
その一つに「時事ネタ」があります。

 

特に、今回(2019年5~6月)ですが、国会でも「老後に2000万円必要」問題が
取り上げ、メディアでも連日報道されているような時事ネタが効果的です。

 

FPが登壇するセミナーでは多くの場合、老後資金準備について話をすることが
多いとは思いますので、2000万円問題も「何を当たり前のことを・・・」と
思っているFPも多いかもしれません。

しかし、参加者のほとんどは漠然とした老後の不安を持っていた、
もしくは何も考えていなかったところに「2000万円必要」と具体的な数字
突き付けられてしまっています。

 

「2000万円必要」という事に対して、どのように向き合っているかは
個々のFPで異なるので、どのように話を展開していくかは講師によって異なります。

 

大事なことは時事ネタは「参加者の意識」をこれから話す内容に
集中してもらうためのきっかけに有効だということです。

 

ちょっと意識してセミナーの冒頭に時事ネタを取り入れてみてください。
かなり参加者の反応が変わりますよ。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です