FPと著作権②の2~人の意見をパクる?!著作権とはなにか?~

157月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 セミナー ブログ 執筆

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにお

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、FPなどの専門家が、執筆の業務を受ける上で知っておきたいことを項目ごとに書いており、現在「FPと著作権シリーズ」の連載を始めました。前回は「人の意見をパクる?!」ことについて、「最近のFPその他専門家は無意識に盗用してしまっている」と指摘しました。(http://fp-univ.com/?p=1222)。今回は「パクる」すなわち「盗用する」ことがなぜだめなのか、筆者なりの見解をお伝えしますね。

 

<「著作権」とは?定義を知ろう>

 三省堂大辞林によると次のように説明されています。

著作権とは著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益を受ける排他的な権利をいう。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年存続する。

 また、知的財産用語辞典によると次のように説明されています。

「著作物の著作者がもつ著作者人格権と著作財産権の総称である。著作権の創作によって発生するので、権利を得るため特許権や商標権のように出願をおこなって審査を経る必要がない。」

 

 いま、みなさまが読んでいるこの文章、筆者である竹原庸起子が著作権者となり、その人の著作物ですよね。文章、講演レジュメ、説明文章などどれも書いてすぐ、そのもの自体が著作物となり、原則としてなんらかの登録手続きなどなくても著作権として保護されます。

 よって、他の誰かが書いた文章、話したスピーチ内容、記事、書籍など、書いてすぐに述べてすぐに権利が生まれるのです。その内容を本人の許諾なしに勝手に盗用することによって著作権者排他的権利を侵害するため、「著作権違反」になるのです。

では、著作権違反をしてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。社会的影響、刑法上の影響、民事上の影響など多方面にわたります。

 その影響については次回述べますね。FPだけではなく、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 v

いても、うっかり著作権法違反していませんか?今一度考えてみる機会にしてください。

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です