【倫理・心理㉛】今のお金に対する制限は過去に作り上げたもの

227月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

心理・倫理担当の心財育成株式会社 安達です。

相談者と話をする中で、お金の話をすることに抵抗があると聞くことが多々あります。

ご商売をしておられて、お客様に見積もりを出すのに躊躇しておられたり、追加でお金が発生したおりにそのお金をくださいと言えなかったり、そもそもお金の話をすることが良くないと思われていたり。

お金に対する信念や思い込みは、お金というものがわかった時から誰もが何らかもっています。そしてその信念や思い込みは多くの場合、近くにいた大人から入っています。もちろん自分の経験からも来ていますが。

お金は単なる物質ですが、お金にまつわる感情に伴う人間関係を経験して、それは怖いものであるや人を変えてしまうものである、苦しいものであるなどの意味付で記憶されるとその根底にある恐怖心がお金と結びつき、何年後でもその恐怖心が浮かび上がることになります。

この思い込み、記憶がすでに役立たないものになっているのであれば、それは変えることができます。

その心のしくみを知り、自分を豊かに取り扱うことを心より願います。

心理・倫理講座はこちらから


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です