【倫理・心理㉟】頼りにされるFPとは

912月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

心理・倫理担当、心財育成株式会社 安達です。

「どんなFPが頼りにされると思いますか?」という質問をいただきました。

その方に同じ質問をさせていただくと
「知識の多いこと」「経験が多いこと」と答えられました。

私の意見としてお伝えしたことは
「お金に関する悩みを口にする人の問題の本質を明確にし、何をすればどのように解決するかを伝え、相手がその提案で行動し望む結果が出るところまでサポートしている人」とお答えしました。

知識と伝えることはもちろん大切なことですが、相談される相手が望む結果を実現できないのであれば、話を聞いただけになります。

「伝えたのに相手の方が行動しなかったので結果は出ませんでした」では信頼に至るまでの信用も安心もない状態なので、相手が望む結果を実現できるようサポートすることがとても大切なことだと考えます。

そして相手の方がわかっていても行動できないという時には、行動しない理由があります。これは本人も気づいていないことがよくあります。その理由を明確にするにも仕組みがあることを学び、実践させることがさらに大切だと思います。

握手

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です