FP知識で「脅して」いませんか?

2512月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 セミナー講師 ブログ

セミナー講師担当の中野です。

 

先日、某市の団体さまからセミナーの依頼をいただきました。

ホームページで実績を見てくださってご連絡をいただいたとのことで、
ありがたいかぎりです(^^)

とりあえず、ご希望の内容などを確認するためにお会いさせていただきました。

どんなお話をご希望かとお伺いすると、「老後の年金2000万円問題」や
「増税」「年金受給年齢の繰り下げ」など、これからの老後に備えるような話を
してほしい、でも、「資産運用の話はしてほしくない」というお話でした。

あなたはこれを聞いてどう思ったでしょうか?

わたしは、

・・・
・・・
・・・

・・・
・・・
・・・

「ネガティブな話ばかりだなぁ」と思いました。

もちろん、これらの話はよく話題になっていることですが、
スターバックスで76歳の方が楽しく働いていることや、年金だけでも
暮らしている人が居ること、資産運用をすることで老後の暮らしを
楽しんでいる人も居ます。

今回はたまたまご依頼があった団体の担当者を例にしましたが、
この人が特殊なワケではありません。

メディアやメディアに取り上げられているFP、セミナーや相談を
受けているFPでも脅しているかのように不安を煽っているようなことを
しばしば目にします。

しかし、FPの本当の不安を煽ることでしょうか?
FPの役目は「不安をなくし、豊かな暮らしを実現する」お手伝いではないかと
思います。
そのためには、まず、セミナーや相談に来た人に安心してもらうことが
とても重要です。

ネガティブな情報で不安にさせていませんか?
行動を促すには不安を煽るのは効果的な方法の一つですが、
よい方法とは言えません。

脅すのではなく、前向きに行動できるようなきっかけを作れるFPとして
いろいろな情報を提供できるFPになりましょう。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です