【倫理・心理㊱】コミュニケーションの質を上げるために必要なこと

131月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

心理・倫理担当、心財育成株式会社 安達です。

相談を受ける中で重要なこととしてお金にまつわる知識であることはもちろんのことですが、いくら知識があってもコミュニケーションの質が良くなければ、持ってる知識も出す場面が少なくなります。

コミュニケーションはわざわざ学んでいなくても通じているように思っているため、自分のコミュニケーションの質がどのようなものなのか気づくことも簡単ではありません。

相談業務の中でコミュニケーションの質を上げるために必要なこととして下記のものがあります。

①思い込みを外すこと と同時に自分の思い込みに気づくこと
②相手の言動を観察し続けること
③ペーシングすること
④何を問題と思い込んでいるのかを捉えること
⑤望む結果を捉えること
⑥望む結果になるための目標設定をすること
⑦望む結果になることを止めているものの視点を変換していくこと
⑧望む結果のための知識を提供すること
⑨望む結果に至るやり方と想いが一致しているか確認すること
⑩最初の一歩として何をするのか引き出し確認すること

これら一つひとつの中身については今後お伝えしていきます。

お金は心と密接に繋がっている人がほどんどです。
人生が良いと思うのも悪いと思うのも、関わるファイナンシャルプランナーのコミュニケーションの質はとても大切な役割を担っています。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です