「その質問には答えることができません」

291月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 セミナー講師 ブログ

セミナー講師担当の中野です。

先日、あるファンドマネージャーさんのセミナーを
傍聴する機会がありました。

その人は話し方も上手で聞いている人を惹きつけて、
和やかな雰囲気を作ってセミナーを進めていました。

和やかな雰囲気だったので、セミナーの本題が終わって、
質問コーナーになったときも参加者から積極的に
質問の手が上がっていました。

ファンドマネージャーはご存知の通り投資の専門家。
参加者としても、専門的なこと、直近の市場の動向、
中長期的な相場環境、どんなことでも答えてくれるだろう
という期待感もあったと思います。

しかし、参加者からある質問が出た際に

「そのことについては答えられません」

と回答をしませんでした。

みなさんがセミナーの講師だったら、どうしたでしょうか?

わたしが見てきたセミナー講師の方は何とか答えようと
していたので、「なるべく答えてあげた方がよかったのでは?」と
思う人もいるかもしれません。

しかし、曖昧な答えで万一間違っていたらどうでしょうか?
後で正しい事を知った参加者は「あの講師はプロなのに間違ていた」と
なりかねません。

サービス精神からすると、参加者の期待に応えたいという気持ちは大事です。

しかし、プロとして参加者と向き合うのですから、答えられない時は
はっきりと「答えられない」といった方が魅力的に感じるかもしれません。

もちろん、この時のファンドマネージャーは「答えられない理由」を
しっかり説明して、質問していた人にも納得をしてもらっていました。

サービス精神とプロとしてのスタンス、しっかりと意識して質問には
望んでくださいね。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です