新型コロナウイルス感染症防止対策により延長できる相続手続

相続・不動産担当のエフピーコンパスの平井です。

新型コロナウイルス感染症対策による、緊急事態宣言が続いています。令和元年分の申告所得税、贈与税等の確定申告については、延長された期限(令和2年4月16日まで)に申告が困難であった方については、期限を区切らずに、4月17日以降であっても柔軟に受け付けてもらえることになっています。

相続税の申告期限については、「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取り扱いに関するFAQ」が、4月16日に更新されました。
相続税の申告期限は、原則「相続開始の日から10ヶ月以内」となっていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響によるやむを得ない理由がある場合には、相続税の期限の個別延長が出来ることになっています。(確定申告のように一括期限延長ではありませんので、注意をしてください。)

国税庁HPより(4月16日追加)
新型コロナウイルス感染症の影響により、相続人等が期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合には、個別に申請していただくことにより期限の個別延長が認められます。

このやむを得ない理由については、 新型コロナウイルス感染症に感染した場合はもとより、 新型コロナウイルス感染症の影響によって相続人等が次のような状況となっていることにより、申告をすることが困難な ケースなどが該当することになります。
・体調不良により外出を控えている場合
・平日の在宅勤務を要請している自治体にお住まいの場合
・感染拡大により外出を控えている場合

また、上記のような理由以外であっても、感染症の影響を受けて申告・納付期限までに申告・納付が困難な場合には、個別に申告・納付期限の延長が認められます。
個別の申請により申告期限等が延長されるのは申請を行った方のみとなり、申請を行っていない他の相続人等の申告期限等は延長されませんのでご注意ください。
なお、申告期限及び納付期限は原則として申告書の提出日となります。

相続税の申告期限とともに確認しておく必要があるのが、相続が発生した時に債務が多い場合に必要な相続放棄等についてです。相続放棄も期限が決まっていますので法務省のホームページで確認しました。

親族が亡くなったにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症の影響により熟慮期間(相続の承認又は放棄をすべき期間)内に相続の承認又は放棄をすることができない場合には、この期間を延長するため、家庭裁判所に申し立てをすることができます。

この熟慮期間の延長の手続きを行うためには、3ヶ月の熟慮期間が終わるまでに家庭裁判所に申し立てを行う必要がありますので、注意が必要です。

という事で、新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応として、相続手続や相続放棄等の期限については、個別に申請をすることで猶予されることになりました。

相続が発生すると多くの手続きが必要になります。平常時でも、相続財産の把握、戸籍関係の書類収集、遺産分割協議、相続税の申告と、数多くの手続きが必要です。緊急事態宣言が続いている現在、実際に資料を集めたり、手続を行うため各行政機関に出向いたり、相続人が集まって話し合いをしたり、士業の先生方との打合せ等、これまでと比較することの出来ないほど大変な手続きと言えます。今回のように新型コロナウイルスの影響で何から始めて良いのかわからない、相続人が集まって話をすることが出来ない、手続の中で不特定多数集まる場所に行くのが怖い等、不安が多い方にファイナンシャル・プランナーとして、きちんと情報を伝えて、お客様に安心していただく事がまず大切です。

このようなお客様が不安な時こそ、お客様の横に座って、きちんとアドバイスを行い、専門家を繋いでワンストップで安心して手続きをお手伝いすることが、ファイナンシャル・プランナーとしての一つの役割だと言えます。

もう一つ大切なことは何でしょうか。手続きをする事だけであれば、士業の専門家の方だけで可能とも言えますが、お客様が望んでいるのは、このような将来が不安な中どうすれば良いのかという、お客様の顕在的、潜在的な悩みや問題を一緒に考え、安心したしていただける事が一番大切な役割だと思います。そのためにもお客様から信頼いただけるファイナンシャル・プランナーになることが大切です。

士業の先生方とお話ししたところ、やはり最近、遺言の相談が増えてきているようです。これまでは、あまり相続について関心がなかったが、有名人が亡くなったり、身近なところで感染されたことを聞くと、自分がもし感染したらどうなるか考えてしまいますね。

ということでこれからは、
・相続について考える機会が増えてくる
・エンディングノートの相談・活用
・遺言書の作成についての相談
等が考えられます。

今回の新型コロナウイルス感染症によって、お客様の意識も変わり、ファイナンシャル・プランナー自身の相続に関する考え方やお仕事のポイントが大きく変わってくるかもしれません。
自分だけで考えるのでは限りがありますので、他人の考えや意見を聞くこともこれからのファイナンシャル・プランナーの在り方を考える一つのヒントになるかもしれません。

ファイナンシャル・プランナーとして、相談や実務を行う中で、自分の引き出しを増やし、お客様にとって必要なネットワークを更に広げていきましょう。

FPユニバでは、なかなか集まることの出来ないこの時期ですので、Zoomによる座談会を行っています。

新型コロナウィルスの影響で仕事や暮らしに制限を受けている今、「今とこれからを考える時間」にしませんか?

第1弾座談会では参加いただいた方々と困っていること、悩んでいること、これからの活動のヒントなどについて情報交換、意見交換を行うことができました。
第2弾座談会ではよりテーマを絞って「FPのフィービジネスとは」という内容で座談会を開催いたします。

これから独立FPを目指す人も、既に独立FPとして活動している人も、さまざまな悩みや考え、アイデアや不安を持ちながら、ご自分のフィーを設定して活動をされていることでしょう。

フィー業務に関することを考えているけども、一人で考えていてもなかなかアイデアが浮かばない、人の意見や考え方も参考にしたい、自分のアイデアにアドバイスが欲しいなど、人と人の接触が断たれている今だからこそ、積極的に情報収集や意見交換をしませんか?
今回も、一方的に話を聞くセミナー形式ではなく、質問や自分の考えを伝えて意見を聞ける、情報交換ができる「座談会」形式で行います。
独立FP歴10年以上の5人のメンバーがファシリテーターを務めるZoom座談会で「FP業務のフィービジネスとは」について一緒に考えましょう。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です