執筆=書き物で大切にしてほしいコト「ブログ編」

512月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 執筆

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

FPになったから、ぜひとも執筆の仕事をしたいんです!とおっしゃるFPの新人さんが多いですね。

このブログを読んでいるみなさんは、FPとして、それ以外の職業として、または趣味で何かしらの「書き物」の経験がおありでしょうね。

FPの主たる仕事として「執筆」がありますが、今回から数回シリーズで

「執筆業務の種類ごとの心得」を少しお伝えしますね。

一口に「執筆」といっても、その種類は多岐にわたります。

その種類によって、書き方、見せ方、文章の手法を変えなければなりません。

「ブログやSNS」「HP上の記事」「新聞社・雑誌での記事」「企業のコラム」などの種類があります。

FPになって執筆の仕事を始めたいのでしたら、まずは自分で開設した「ブログ」を書くところから始めましょう。

その「ブログ」を書く時の心得とは何でしょうか?

ブログは、随筆つまり日記ですから、本来は書きたいことを書きたいままに書けます。

文章の構成はあまり考えずに、好きなように、論理的かどうかも考えずに書けるのです。

でも、ブログは自分が書きたいことを書きたいままに書いていても、それが「読んでいる人」つまり「読み手」が知りたい情報なのでしょうか。

自分が書きたいことをできるかぎり「読み手がしりたいこと」に近づけて書くのです。

記事を一通り書いてから、一呼吸おいて文章を一読してみましょうね。

 「このブログ読んで、いいこと知っちゃった、ワクワクした、楽しい時間だった」と読み手が感じたら、それでようやく成功のブログなのです。

 さあ、ブログ書いてみましょうか。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です