【倫理と心理③】お金にコントロールされていませんか?

161月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

こんにちは。心理・倫理担当、心財育成㈱の安達美由紀です。

多くの方々から相談を受ける中で、こういう言葉を聞くことがあります。

「思った通りのお金が入ってこないので、怖くて先行投資できないです」
「採算を合わすためには、〇〇円くらいの相談料にしないと合わないので、その金額に設定しています」
「お金が減ると考えると、使えないです」

お金が先にあって、その後に自分やお客様がいる状態です。
つまりお金にコントロールされている状態です。

もしFP自身がこの状態だったとしたら、お客様からの相談に対しても、お金にコントロールされる提案しかできません。

「あなたはどうしたいですか?」「あなたの夢は何ですか?」「そのために何をどのようにしますか?」と聞いていたとしても、どこかで「お金があれば〇〇できますけどね~」とか「お金が無いと〇〇できませんからね~」などお金中心の言葉が出ているかもしれません。

お金はどこまでいっても『道具』でしかありません。その『道具』をどのように使いこなすのかは、その人自身の想いや考えひとつです。

想いや考えをお金の後にしてしまう習慣があるようならば見直すチャンスです。

目標を明確にし、主人公はお金ではなく、人であるという当たり前のことをしっかりと前提においておくことは重要なことです。

そしてFPである自分自身がお金をコントロールしているのか、コントロールされているのかに気付くことはもっと重要なことです。

 

http://fp-univ.com/

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です