「被害者」をなくすためにFPができること

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

「保険を売られた」
「投資信託を買わされた」
など、金融商品を契約したときのことを被害者のように語る方がいらっしゃいます。

でも、本当に「○○された」という被害者なのでしょうか。

保険であれ投資信託であれ、金融商品に興味があった、必要性を感じた……などといろんな事情があって、行動にいたったはず。
買った瞬間は、何らかの納得と満足があったと思うのです。

それなのに、「○○された」と口にされるため、その経緯を詳しく聞くと、「無料」を利用された方が圧倒的に多いようです。

相談無料の保険ショップや保険会社の担当者。
相談無料の銀行や証券会社。
相談無料の無料セミナー。

いずれも、株式会社などの利益を追求する団体が運営しながら、「無料」がキーワードになっています。

間違えてほしくないのは、「無料」が悪いわけではないこと。

有料ならいかないけれど、「無料ならやってみようか」と思って、第一歩を進んだことがある人も多いはず。
消費者が「無料イコールいいこと」と思っていることが課題なのです。

そしてこの課題は、「なぜ無料なのだろう」ということを考えるだけで解決します。

保険会社や保険ショップは、なぜ、無料相談なの?
→保険を販売するための相談だから無料

銀行や証券会社は、なぜ、無料相談なの?
→投資信託や保険などを販売するための相談だから無料

無料セミナーは、なぜ、無料なの?
→自社の告知をしたり、商品を知ってもらったり、販売するためだから無料

こんなふうに無料ビジネスの理由を考えるだけで「○○された」という被害者から、「無料サービスを上手に使おう」という賢い消費者に変われるはず。

「○○された」という声を聞くたび、対等に行動でき、利用できる消費者になってもらう機会をつくることも、FPの役割のひとつだと考えずにはいられません。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です