セミナーでも「コミュニケーション」を忘れずに

53月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 セミナー講師 ブログ

FPユニバーシティでセミナーの講座担当しているLBプランニングの中野です。

FPで独立して収入を得る方法で「講師」は重要な位置付けにあると思います。

その講師ですが、ある人と話をしていた時に、「相談に比べると、セミナー講師は相手に気を使わなくていいから、気分的に楽だ」と言っていました。

その人によって、感じ方が違うのかもしれませんが、この考え方は注意が必要です。

と言うのも、セミナーの中でも講師と受講者の間でコミュニケーションは重要だと考えるからです。

基本的にはセミナーでは、講師から受講者へ一方的に情報を提供しているのでコミュニケーションは不要に感じるかもしれません。

しかし、受講者がうなずいていたり、表情が険しい、資料のどこを見ていいかわからないなどに対して、フォローをしたり、受講者のアクションを見てうなずいてあげたり、笑ってあげることで意思疎通をすることができます。

講師が自分の説明に集中し過ぎていたり、緊張してしまっていて、受講者の反応を無視してセミナーが進んでいると、満足度が下がってしまいます。

直接的な言葉でのコミュニケーションはなかったとしても、言葉以外の手ぶりや表情でのコミュニケーションをセミナーの中で行うことで満足度の高いセミナーとなります。

セミナー中もコミュニケーションを意識してみてください。

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です