最近多い、おじさん、おばさんの相続のご相談

こんにちは、相続・不動産担当のエフピーコンパスの平井です。

最近、おじさん(伯父さん・叔父さん)、おばさん(伯母さん・叔母さん)が亡くなった時が心配だというご相談が、多くなりました。

具体的には、結婚をしていない、または、子供がいないおじさんやおばさんの相続が発生した時に、何をすれば良いのか、相続人同士で話し合いが出来ないのではないか、遺言を書いて欲しいのだが言い出しにくい、等のご相談です。

お子様がいない、兄弟姉妹の相続の場合は、きょうだい全員が相続人になります。さらにその相続人の一人が亡くなっておられる場合は、代襲相続人としてさらに相続人(甥・姪)が増えることになります。

配偶者がご健在の場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人になります。結婚してずっと暮らしてきた配偶者ですので、配偶者の名義にするのは気にならないが、将来その配偶者が亡くなった時には、相続財産が、その配偶者のきょうだいの名義になるので、もともと○○家の財産が、他人の名義になるのは、何かかすっきりとしない。

他にも、相談の中で多いのが、両親が高齢になっておじさんやおばさんの面倒を見ることが出来ないので、実際に動くことができる相談者の方(甥や姪)が、日常生活の世話等を行っている場合です。 日頃、自分が面倒を見ているのに、相続人ではないので、相続することが出来ない。自分は相続人でもないのに、日ごろの世話をしていなかった相続人であるおじさんやおばさんの中に入って相続の手続きを行うのが面倒である、等、それぞれ抱えている問題は異なります。

自分の親と相続の話をするのもなかなか難しいのが実情です。今回のようなおじさん、おばさんの相続の場合、相談者ご自身のご両親(お父さん・お母さん)のきょうだいになりますので、気にはなるのだが、なかなか相続について具体的に話をすることが出来ないということになります。

ご本人からの相談であれば、対応もしやすいのですが、甥、姪の立場から、おじさん、おばさんの相続について話をするのは難しいですね。FPが 相談者の方からお話を聞いても、実際に対策が必要なのは、眼の前にいる相談者でなく、その方のおじさん、おばさんになりますので、まずは相談者の方にどのような事を考えておくのかを理解いただいて、安心していただく事が大切です。

FPとして相談者の方にアドバイスのべきポイントは、何か考えてみましょう。

・おじさんおばさんとの関係、誰が相続人になるのかを整理しておくこと

・プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(借入金)も確認

・ご本人の意思能力について、問題はないのか

・相続人全員の意思能力について問題がないのか(きょうだいも高齢な場合は、注意が必要)

・遺言書の作成は可能か

本当に、いろいろと手続きが面倒くさいというのであれば、相続放棄を行うこともできます。

おじさんやおばさんの相続は、自分の親の相続以上に難しいところがありますので、残された兄弟姉妹や、甥姪の事を考えて、ご本人が元気なうちに考えて、具体的に動く必要がある事を知っていただくようにしていきましょう。

FPとして相続の相談を受けるのは、目の前のお客さまです。知識も大切ですが、本当にそのお客さまが何を心配されているのかを理解し、あなたに相談することで、お客さまのこころ(感情)が安心いただけるFPになりましょう。

 

FPユニバーシティで一緒に学んで、円満な相続を実現していきましょう。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です