【倫理と心理⑰】本当の悩みを引き出していますか?

94月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

こんにちは。心理・倫理担当、心財育成㈱の安達美由紀です。

クライアントがFPのところに相談に来られるときは、お金に対する不安や不満を明確にして安心できるようになりたいと考えていると思います。

そして相談内容は「保険が・・・。」「住宅ローンが・・・。」「貯蓄が・・・。」など具体的な内容がほどんどではないでしょうか。

その不安や不明な点を明確にするサポートをすることはFPとしてさることながら、クライアントが相談に来ている内容は枝葉の先端であることに気づいていることは大切なことです。

保険や住宅ローンや貯蓄は、その方々の人生の目的のための手段であることを知ることです。

その目的を引出すこと。これはクライアント自身も気づいていない場合があります。だからこそ本当の目的を引出すサポートをすることが、人生プランを描くサポートをするFPとして重要な役割なのです。

本当の悩みは目的通りになっていないことが悩みになっています。

だからこそ目的を知り、目的に沿った手段を提案すること。

この “心のしくみ” を知って活用されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です