いつ切り出せば良いのか

5398a4d151bd1a8fbfe0919f19f2c9f9_s

こんにちは、相続・不動産担当のエフピーコンパスの平井です。

身内が亡くなったので相続の相談をしたいというお話の中で多いのが、相続の経験がないので、どのように手続きをしたらよいのか分からないというご相談です。

ただ、相談内容についてもう少し詳しくお聞きすると、兄弟や義理の親子の関係が良好でなく、いつ話を切り出したら良いのかというお話になることがあります。

「生前に母の想いを実現する為に一緒に公正証書にして遺言を残していたが、いつ妹に話をすればよいのか、わからない。話をすると喧嘩になるのでは…」
「父は再婚して新しいお母さんと一緒に暮らしていました。父の最後は義理の母に任せていたので、きちんと最後を看取ることができなかった。これから、相続の手続きが必要なのは分かっているが、いつその話を切り出せばよいのか分からない。待っていて良いのだろうか…」

など、金融資産の名義変更や不動産の名義変更、遺産分割協議の方法といった手続きの問題ではなく、自分と他の相続人との関係、気持ちの問題で、どうして良いのか分からないという方からのご相談です。

手続きの問題については、FPの知識を活かして、手続きの方法、その時の注意点や問題点を説明すれば良いのですが、親族にいつ話を切り出して良いかということは、なかなかFPとしてアドバイスをすることは難しいですね。

もし、話をして嫌われたらどうしよう。こちらから言い出すのは嫌だな。と、お客様がその場面を想像して、不安になったり、落ち着かなかったりされています。

一番悩んでおられるのはお客様です。お客様が悩んでいる点を整理して、少しでも気持ちが楽になってもらうことが必要です。

まだ、お話をして問題が発生しているわけではありませんので、お客様の心配が増えるようなお話ばかりしては、ますます不安が大きくなってしまいます。遺産分割協議の手続きや法定相続分、遺留分等の法律や相続税等の税務のお話をきちんと理解していただいたうえで、お客様自身がどのような心構えで相続について考えておられるのかを理解して、アドバイスをすることが重要です。
権利を主張するのではなく、亡くなられた方の想いを大切にしたり、相手の立場に立って考えていただくなど、お客様自身に方向性を考えていただく事を心がけてください。

相続のお話を切り出すきっかけは大切です。FPに相談いただけることで、お客様に安心していただき、一緒に円満な相続を実現していきましょう。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です