【倫理・心理⑳】FPはお金の専門家であると同時に・・・

167月 - による fp-univ - 0 - お役立ち情報 ブログ 心理・倫理

こんにちは。心理・倫理担当の心財育成株式会社 安達です。

ファイナンシャルプランナーはお金の専門家であると同時に、お金に関する“心”の専門家でもある必要があります。

お金は単なる紙であり、金属であり、時には印字されただけのものです。

そういうものに感情が動き、動かされていることが日常のほとんどです。

そしてこの感情により不安になったり、関係性が不安定になったりするわけですから。

ではどうしてこの感情がおこるのか?その心の仕組みを知ることが相談に来られる相談者に寄り添うこととなり、お客様ご本人も気づいていないことも引出すことに繋がります。

相談に来られる元になっているものは何であるのか?相談者自身も気づかずに、目に見えているお金の動かし方や増やし方や節約の仕方などを聞いてこられます。

気づいてないことは解決しようがありません。意識に上がったことは解決へと導くことができます。

まずは意識に上げること。その心の仕組みを知ること。

FPはお金の専門家であると同時に、お金に関する心の専門家であることが必須だと考えます。

相談者にとって上質なFPであるために。

 

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です