FPの執筆記事では、「3種類の説明方法」を使い分けましょう~その1 予告形式~

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いていますが、今回は、説明方法のスキルについて述べます。

前回のプログでは、執筆原稿では自分の考えを「言い切ること」が大切であることについて述べましたね。今回は、自分の意見や結論を言い切ることだけではなく、文章の流れを使い分けて、つまり、説明方法を変えることにより読み手に与える印象を変えることができることについてお伝えしますね。

その説明方法には3種類ありますが今回はその1つ目をお伝えしますね。

3種類をお伝えするための例として、「住宅購入前にFPの有料相談で資金計画を立てることの重要性を結論として書きたい場合」を考えます。

説明方法の1つ目は「実例を予告する予告形式」です。

提案内容や結論を述べたあとで「次をお話しします」「説明する内容は次の通りです」というような文章を1文置くのです。

 

住宅購入をお考えのファミリーのみなさまに、住宅購入を考える前に、まずは住宅購入相談を専門にしているFPの有料相談でご自身の資金計画を立てていただきたいので、次の実例についてお話しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(実例)

 

この説明方法を使うのは、結論を先に読み手に伝えておき、その後に長い実例や説明文を続けたいときです。先に長い実例説明があると、読み手が読んでいる間に「飽きてしまう」ことがあるからです。

読者を飽きさせず、筆者の意見を印象付けることができますね。

ぜひ、予告形式の説明方法を意識して執筆してくださいね。

2つ目の説明方法については次回のブログをお楽しみに。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です