答えをもらえるのかなぁと思っていました

IMG_0105mini

こんにちは。家計相談担当の前野彩です。

先日ご相談にいらっしゃった方の、相談後のアンケートの一部をご紹介します(掲載許可あり)。

―――――――――――――――

今回、正直言うと「こうしたらいいよー」「これがおススメだよー」と、何か答えをもらえるのかなぁと思っていたけれど、結局、「自分で考えること」「考え方を知ることが大切なのだな」とわかった。

――――――――――――――

 

相談する前は、相談すると、「あなたにはコレ!」というように、FPが答えを出してくれるので、自分では考えなくても良いと思っていたことが、この一言からわかりますね。

 

でも、FPはご相談者さんに代わって答えを決めることが仕事ではありません。

 

ご相談者さんが自分で決断をすることの必要性に気づいてもらうために存在し、

そして、その判断・決断をするために必要な情報を提供し、

ご相談者さんが持っている力を最大限に使える状況を作ることが

FPの役割だと、わたしは思っています。 だからこそ、「こうしたらいいよー」「これがおススメだよー」というような

FP自身の考え方や決断を押し付けることが無いようにしたいのです。 ご相談者さんが来社前に想像していたFP相談とは違っていたようでしたが、

帰る頃には、「自分で考えないと、○○生命の人に言われるままに入ったことと同じですね」と、自分で答えを出すことの重要性に気づいてくださいました。

自分で考えることの重要性に気づけば、

次は考えるための力をつけようという気持ちに変化します。

 

また、一緒にご相談にいらっしゃったご主人も

「限定回数よりは、複数回相談させて頂きたい」と、

自分たちがお金について、学び、考えることの重要性に気づいてくださいました。

 

FPができるのは、ご相談者さんが決断・判断できるような状況を作ることです。

そのための、必要な情報やこころのアドバイスをあなたも意識してみてください。

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です