ユニバ講師の徒然日記~FPは「聴き」上手になりましょう

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。
私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いていますが、今回は、職業人ファイナンシャルプランナーとして、相談業務や実行支援業務において特に私が心がけていることを3点お伝えします。執筆業務についてのお話ではありませんが、職業人FPとしての心得についてですので、みなさまもぜひとも参考にしていただきたいです。  今回はその1点目についてお伝えしますね。                      先日、ご相談にお見えになったお客様が、「話を聞いてくれるところを探していたんです。」とだけ言い残して笑顔で帰られました。実は、当方が相談を受けたお客様のお帰り時の言葉で最も多いのです、この言葉が。FPに大切なのは、「相談を受ける側は聞くではなく聴くことに徹するべきであること」なのです。
 ところでこれらの言葉の違いを見てみましょう。大辞林第3版によると「聞く」は、「音や声を感じとること。またその内容を知ること。」と定義されており、「聴く」は「注意して耳に入れること。」と定義されています。
お客様との初めての面談で、FPがお客様の属性や家族構成を面談票などに書いてもらう際には「お客様の個人情報を聞く」のです。その後、お客様がFPに相談したいことをお話になるときからは「聴く」ですね。
そしてFPがお客様の話を「聴く」ことと、それに回答すること、つまり「話す」ことの繰り返しで相談業務が構成されます。この構成比率、つまり「聴く」対「話す」は「8対2」の割合を心がけてください。え?話すのは2割でいいのですか?と思われますが、いいのです。FPは知識を持っているのは当たり前で、その知識をひけらかすのが仕事ではないのです。知識を、要点を押さえてお客様の悩みを解決するための結論とその理由をお伝えするために活用することが大事なのです。
次の2点目は、次回のブログでお伝えしますね。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


執筆のプロフェッショナルへの道~わかりやすく伝える文章のコツ 7~

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いています。前回は、FPの執筆記事や論説文を書く際に必要な「誤解させないわかりやすい文章のコツ」のうち、「漢字・平仮名の使い分け」について述べました。今回は、「接続詞を使いこなす」ことの重要性について述べます。

文章の導入部分から終わりにかけて、読者に筋道をたてて伝えたいことをわかりやすく伝えるためには、接続詞をうまく使うことが重要です。

接続詞は文と文とをつないで前後の関係をはっきりさせる語句です。接続詞の使い方によっては、筆者の考えが読者に伝わりやすくもなれば、その逆もありえます。

次の文章の( )内にどのような接続詞を使えるか考えてみてください。

 

私は肉料理を食べた。(   )彼は魚料理を選んだ。

 

この(  )内には、「そして」も「しかし」も使うことができます。

私は肉料理を食べたことと、彼は魚料理を食べたことを淡々と事実としてつなぐだけであれば、「そして」という接続詞を使います。私は肉料理を食べたことに対して、彼は対照的に魚料理を食べたのだという意識を読者に伝えたいのであれば、「しかし」を使います。

 

このように筆者が読者に伝えたい意識をわかりやすくするために、接続詞を用いるのです。執筆しながら、ここにはどんな接続詞を使えば読者に印象づけられるのだろうか、など楽しんでみませんか。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


執筆のプロフェッショナルへの道~わかりやすく伝える文章のコツ 6~

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いています。前回は、FPの執筆記事や論説文を書く際に必要な「誤解させないわかりやすい文章のコツ」のうち、「主語と述語を置く位置に気をつけること」について述べました。今回は、「漢字・平仮名の使い分け」について述べます。

まずは次の二つの文章をお読みください。

①「私は良く読書をする。」

②「A君、この料理を一度食べて見たらいいのではないかな。」

これらの文章は執筆において平仮名を使わなければならない語句を漢字で表記しているため、意味がつたわりにくくなっています。どこかおわかりでしょうか。

①は、「良く」ではなく「よく」

②は「食べて見たら」ではなく「食べてみたら」

が正しいですね。

このような間違った表記で書かれた文章はインターネット上では多いのです。書籍や雑誌の執筆文では校正がありますのでこのような間違いはあまり見かけませんが、ノーチェックで文章が掲載されてしまうインターネット上のブログやFB投稿では、書き手が気を付けなければなりません。

 

ところで、執筆において漢字よりも平仮名を用いる方がいい語句についても知っておいてください。副詞や連体詞である「既に」「及び」「且つ」などの言葉は、執筆文章では使い勝手がよく、書き手の意図を伝えやすい言葉です。これらの言葉は、執筆文章では、漢字ではなく平仮名で書くのがルールです。「すでに」「および」「かつ」と表記しましょう。

 

漢字と平仮名の正しい使い分けをしてきれいな文章を書きましょうね。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


執筆のプロフェッショナルへの道~わかりやすく伝える文章のコツ 5~

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いています。前回は、FPの執筆記事や論説文を書く際に必要な「誤解させないわかりやすい文章のコツ」のうち、「ターゲット層に合った視点での書き方の重要性」について述べました。今回は「主語と述語を置く位置に気をつけること」について述べます。

まずは次の文章をお読みください。

 

「私は、相続の知識を深めるために毎週専門家の講座に通い、テキストを読み込み、勉強した内容をレポートにまとめて、翌週の朝礼でその内容を5分間スピーチでわかりやすく発表している田中さんを尊敬している。」

 

この文章は書かれている文章をゆっくり読めば、「誰が」「どうなのか」、つまり主語と述語はどの言葉なのかは判断がつきますね。主語は「私は」、述語は「尊敬している」ですね。

しかし少しわかりにくい文章になっています。なぜならば、主語と述語の位置が遠すぎるのです。

 

では、この文章を次のように変えましょう。

「相続の知識を深めるために毎週専門家の講座に通い、テキストを読み込み、勉強した内容をレポートにまとめて、翌週の朝礼でその内容を5分間スピーチでわかりやすく発表している田中さんを、私は尊敬している。」

主語である「私は」を述語である「尊敬している」の直前に置くことで、私が田中さんを尊敬していることを、特に相手に伝えやすくしているのです。

 

つまり、文章を書くときに、文の始めを「私は」などの主語から書き始めなければならないのではなく、主語と述語はなるべく近い位置に置くことによって、言いたいことをわかりやすく伝えることができるのです。

みなさんが普段書く文章においても、ぜひこのことを意識してみてくださいね。

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


住宅購入コンサルFPのホンネ④ ~住宅ローンの相談だけではなく「実行支援」もできるようになりましょう!~

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 住宅購入コンサルティングFPのホンネシリーズは以上です。みなさま、お読みくださりありがとうございました。

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


住宅購入コンサルFPのホンネ④ ~住宅ローンの相談だけではなく「実行支援」もできるようになりましょう!~

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

 

 

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の 竹原庸起子 です。

前回より、いつものお堅い執筆に関する記事ではなく、住宅購入コンサルティングFPとしてのホンネをシリーズでお伝えしています。なるほど!と気楽な気持ちでお読みください。

前回の続きです。(前回および前々回の記事をお読みください)

有料で住宅ローン相談を受けるFPが準備しておくべきことが3点あると述べましたね。その3点目は「住宅ローン相談だけではなく、住宅購入の実行支援についてまでできるようになること」です。

 

ところで、FPの三大業務は「相談」「講演」「執筆」です。そのうち三大FP相談については、以前の中野FPのブログで書いていますね。http://fp-univ.com/?p=1081

この「相談」業務で収益を得るといっても、1時間いくらという価格設定で相談をうけているFPが多く、相談者との面談は1時間でも、その準備にかかる時間を含めると、時給1,000円ほどにしかならないかもしれません。

 そこで私はFPへの住宅ローン相談から「購入の実行支援」までを業としておこなっています。

 つまり、住宅ローンの選び方、組み方、返し方の相談は面談相談で答えますが、実際に相談者が住宅を探し始めるところをすべてお手伝いするのです。相談者が住宅ローンを組んで無理なく返せる計画をたてたら、購入できる住宅の金額が出ます。それ以外に実行支援に必要なヒアリングすべき点をすべて聞き取りまとめたうえで、住宅を探すために必要なことをすべてお手伝いするのです。住宅ローンの相談時間の最後に、この業務を提案するのです。実行支援では、FPの6課目の横断的な知識を活用することができますし、それはほかの専門家ではできないことです。自信をもって提案できるのにしないのはもったいないです。

 そのお手伝い、つまり実行支援業務内容については、FPユニバーシティの住宅購入コンサルティング講座で、できる限りのノウハウをお伝えします。http://fp-univ.com/

住宅購入コンサルティングFPのホンネシリーズについては以上です。みなさま、お読みくださりありがとうございました。

 

 

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


執筆のプロフェッショナルへの道~わかりやすく伝える文章のコツ 4~

Pユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いています。前回は、FPの執筆記事や論説文を書く際に必要な「誤解させないわかりやすい文章のコツ」のうち、「中学生にでもわかる言葉に置き換えて書くことの重要性」について述べました。今回は「ターゲット層に合った言葉で表現すること」について述べます。

 

 まずは、あなたが「読者層に、50代以上の親を持つ20代から30代の男女が多い月刊誌のコラムで、遺言書の重要性について書いてほしい」と出版社から依頼を受けた場合に書いた文章の一部が次のようなものであったとします。

 

 「相続の準備として有効なのは遺言書です。いまから準備しておくことによって、あなたが残りの人生を豊かに過ごすことができます。なぜならば、いままで世話になった家族へ自分の財産の取得方法を自分で決めることができ、また多額の相続税を納める家族の準備としても有効であるからです。」

 

 この文章は、ターゲット層にあったものですか? 違いますね。

 なぜならば、20代から30代の男女に対して「いまから遺言書を準備する」「残りの人生」という表現はおかしいですし、「多額の相続税」とありますが、全員が相続税を支払わなければならないわけではないので、財産額が少ない人が読んだ場合はピンとこないからです。

 

 このように、ターゲット層にあった文章ではないものを一度でも書いてしまうと、依頼元からのリピート依頼は二度ときません。

 このような文章をどのように変えたらいいのかなどは、FPユニバーシティの執筆講座で習得してください。

 執筆の業務では、読んでいる人の視点に立ったわかりやすい文章を書かなければなりませんね。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


執筆のプロフェッショナルへの道~わかりやすく伝える文章のコツ 3~

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いています。前回は、FPの執筆記事や論説文を書く際に必要な「誤解させないわかりやすい文章のコツ」のうち、「句読点の使い方」について述べました。今回は「中学生にでもわかる言葉に置き換えて書くことの重要性」について例をあげて説明しますね。

 

まずは次の文章をお読みください。

相続専門のFPが、相続手続きの局面を迎えた読者(専門知識はほとんどない)向けに書いた文章だとします。

「被相続人相続発生後に法定相続人が遺産分割協議をおこない、協議書に法定相続人全員が実印を押印しなければなりません。」

この文章を読んで、一生に何度も経験しない相続手続きについて、いつどこでだれがどのようになぜ何をすればいいのか、すぐにわかりませんよね。

FPが執筆原稿を作成するときに気をつけるべきなのは、

「5W1Hがわかる単語を使い、中学生が読んでもすぐに理解できる文章を書くこと」です。

 

難しい単語や専門用語を並べた文章がいいのではなく、わかりやすい言葉を使い、一通り読んですぐに理解できる筋道が通った文章がいいのです。

次のように言い回しを変えてはいかがでしょうか。

 

「人が死亡したら(いつ)、家族や親族である法律で決まった人々が(だれが)決まった割合で(どのように)、死亡した人の財産を引き継ぎます。それを「相続」といい、財産を引き継ぐ人を「相続人」、死亡した人を「被相続人」といいます。死亡してからその相続人全員が被相続人が死亡したときに持っていた財産を、どのようにわけるのがいいかを話し合います。話し合う場所はどこでもかまいません(どこで)。それを「遺産分割協議」といい、その協議がまとまったら、相続人全員が「実印」(相続人が住んでいる市役所等へ届け出ている印鑑)を押さなければなりません。実印を押す理由は、実印でないと、本当に本人がその内容に納得しているのかどうかわからないからです(なぜ)。

 

 執筆原稿は、専門知識のあまりない人々向けであるならば、書いている人にしかわからない文章ではなく、読んでいる人にわかりやすい文章を書くことを心がけましょう。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


執筆のプロフェッショナルへの道~わかりやすく伝える文章のコツ 2~

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いています。前回から、FPの執筆記事や論説文を書く際に必要な「誤解させないわかりやすい文章のコツ」を数回にわたり述べていきますとお伝えし、前回はその第1弾として、「受け取る側にわかりやすい文章にするためには形容詞や副詞を具体化させることが重要であることについて例をあげました。

今回は、受け取る側にわかりやすい文章にするコツとして、「句読点の使い方」について述べますね。

 

「私は夕食をとり電話をしながら読書をしている息子を見ている。」

 

 この文章を読んだ人は、すぐにその光景が浮かぶでしょうか。

 夕食をとっているのは、「私」なのか「息子」なのか?

 電話をしているのは「私」なのか「息子」なのか?

 

書いている人にはわかっているのかもしれませんが、読んでいる人にはわかりにくい文章になっていませんか?

 

 「私は夕食をとり、電話をしながら読書をしている息子を見ている」

 

 「夕食をとり電話をしながら読書をしている息子を、私は見ている」

 

 「私は夕食をとり電話をしながら、読書をしている息子を見ている」

 

 このように、句読点の位置を変えれば、それぞれの主語と述語の対応がはっきりしますね。

この3つの文章の違いについては説明しませんが、お分かりですね?書いている人にしかわからない文章ではなく、読んでいる人にわかりやすい文章を書きましょう。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


執筆のプロフェッショナルへの道~わかりやすく伝える文章のコツ 1~

 

FPユニバーシティ 執筆講座担当の ひまわり法務FP事務所®代表の竹原庸起子です。

私が担当しているブログ記事では、毎回、執筆の業務を受ける上で知っておきたい文章にまつわるあれこれを項目ごとに書いていますが、前回は執筆業務で押さえておくべき、新聞記事の種類のうち、2種類目である「新聞記事の論説文の読み方」について説明しましたね。

今回は、FPの執筆記事や論説文を書く際に必要な「誤解させないわかりやすい文章のコツ」について数回にわたり述べていきます。

 

さっそく次の文章が「誤解させないわかりやすい文章」なのかどうか考えてみてください。

 

 上司から部下への指示がありました。

今夜の会議はいつもより早く始めるから早めに集合すること。参加者が少し増えるので、会議室は広い部屋をおさえ、配布資料も多めに用意しておくこと。いいね?」

 

この指示を受けた部下は、すぐに理解し動けるでしょうか。無理ですね。

 

このように、話している方はわかっていてもそれを受け取る側にはわからない文章は、執筆記事でもよく見られます。なぜこのようにわかりにくい文章になってしまっているのでしょうか。それは、形容詞や副詞を具体化させていないからです。

では、どこをどのように変えればいいのでしょうか。

 

「明日の会議は9時30分から始める。開始10分前までに集まること。参加者は通常20名のところ、今回は25名以上になる見込みであるで、30人が入れる会議室をおさえ、配布資料も30部用意しておくこと。いいね?」

 

 このように

「形容詞は数字に置き換えること。」

これを意識するだけで、文章がわかりやすくなり、相手に伝わりやすくなります。

執筆記事を書く際だけではなく、上司から部下への指示の出し方としても有効ですね。

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。