【倫理と心理⑤】お金の話をするときの「前置き」に注目!

こんにちは。心理・倫理担当、心財育成㈱の安達美由紀です。

「ちょっといやらしい話ですが・・・」
「ちょっと恥ずかしい話ですが・・・」
「ちょっときたない話ですが・・・」

これ何の話の前置きかわかりますか?
よ~くこの話の前に聞く言葉です。

それは『お金』の話しです。

2017年3月のFPジャーナルSummaryに掲載されている「ヒーラーとしてのFP~癒しの4要素と癒しの実践10カ条~」によると、米国人の7割以上がストレスを感じる最大の原因は「お金」だということです。

これは個人的な感想ですが、お金の専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)の月刊誌に“ヒーラー”や“癒し”という言語がでてくることは喜ばしいことです。なぜなら心とお金が密接に関係しているということを現している言語だと捉えているからです。

話を戻しますと、米国心理学協会では2007年から毎年「全米ストレス調査」を実施している中で、いずれの調査でも経済の好不調を問わず、米国人の4人のうち3人にとってお金の問題が、仕事や健康や家族の問題を上回るストレスの原因になっていることが明らかになっているということが書かれています。

米国に関わらず、我々日本国においても、お金のことがストレスになっていることは多々あるのではないでしょうか。

最初の「前置き」の話に戻りますが、「お金」の話をするときに、いやらしいや恥ずかしいや汚いなどという言葉がでてくるということは、そのようなイメージが自分の無意識にあるということに気付くことは重要なことです。

「お金」は、単なる紙や金属という物質でしかないのですが、その物質に我々は‟意味づけ”をします。その”意味づけ”をどのようにするかは人それぞれです。

そしてその“意味づけ”に“感情”がくっついて行動へと現れます。

お金に対して役立たない、またはブレーキになる思い込みを持っていることに気づいたら、その思い込みが出来た原因が何であったのか、そして自分はお金に対してどのような思い込みを持ちたいのかを明らかにしていくことは大切なことです。

そしてFPとして「心のしくみ」を学んでおくことは今から重要なことになってくると考えます。

ピンときた方はこちらへお問合せください。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


価値観って何でしょうか。

こんにちは、相続・不動産担当の株式会社エフピーコンパスの平井です。

最近、お客様と相続や不動産のお話ししているときに、価値観という言葉がよく出てきます。というよりも、「お客様の価値観は何か」と意識して、お客様の言葉だけでなく、非言葉(身振りや表情)から、お客様の価値観を探している自分がいるのが分かるようになりました。

国語辞典を調べると価値観とは、「物事を評価し、行動を決定するときの基準になる、何にどのような価値を認めるかという個人個人の判断。」と載っています。

特に相続の相談の場合、初めは税金対策や財産の分割等のお話なのですが、お話をじっくり聞いてみると、親子や夫婦、親戚関係等、家族の問題になる事が多いのが実情です。税金や分割の悩みを解決する事も大切ですが、それ以上に、お客様の価値観を知ること、価値観が親子や兄弟であっても違いがあると言うことを知ってお客様に応えることが、信頼いただける一つのポイントだと思っています。

自分の財産をできれば仲よく子供に残したい。

争族という話しを聞くが、自分の子供に限っては心配ない。

長男として、○○家の財産を守っていって欲しい。

親に相続の話をすると、亡くなる事を待っているのかと言われるので、黙っている。

私は大学へ進学させてもらえなかったのに、妹は大学に進学したのでハンコは押さない。

相続の現場では、このような親子や兄弟など家族の問題やトラブルの現場を何度も経験しています。半世紀近くなんとなく過ごしてきて、相続について考えた時に、自分は正しいのに相手が悪い、考え方が違っているので話しにならない、と言われ話しが進まない案件もあります。
価値観はそれぞれ違いますので、親子や兄弟で異なっていても不思議ではありません。

CFP認定者の倫理原則の第一原則は「顧客第一」です。

顧客第一ということであれば、お客様を第一に考える事になります、ただ、私は相続におけるファイナンシャル・プランナーの役割は、まず「○○家としてどうなりたいのか」、「亡くなった方がどういう想いであったのか」という立場で、お話を聞いて、円満な相続の実現に向け行動する事も大切だと思っています。相続人の価値観を知ったり、相続人間の価値観の違いを理解した上で、本当にお客様が大切にしているモノは何か、その実現に向けて、親から子世代に想いをつないでいくことが出来るファイナンシャル・プランナーでありたいと思っています。

相続や不動産に関わる知識を学ぶだけでなく、お客様の価値観が何かを考える事が出来るファイナンシャル・プランナーとして、お客様の円満な相続を実現していきましょう。


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


【倫理と心理④】スケジュールの空きとお金と心の関係性

こんにちは。心理・倫理担当、心財育成㈱の安達美由紀です。

「スケジュールが空いていると落ち着かない」という方がいます。

FPであれ自営業であれ、不安になる方はいらっしゃるようです。

これは何が起こっているのでしょうか?

☆仕事がなくなる恐怖
☆お金がなくなる恐怖
☆自分が必要とされなくなる恐怖

というところでしょうか?

お客さまの中でも「お金がなくなる」「お金が回らなくなる」という恐怖を持っている方にお会いする機会もあるかと思います。FP自身がこの恐怖心をもっていると、知識として解決案を提案できたとしても本質のところでは長続きしません。

長期でお客様をフォローしていきたいと考えているならば、自分の “心のしくみ” を見直す必要があります。

この恐怖心をもっている方は今は仕事があると思います。なぜなら仕事がなくなる恐怖があるがゆえに、動き回ることで仕事が入ってくるという成功パターンを持っているからです。

これ自体に良いも悪いもありません。

そしてこの行動が続くと身体や家族との関係性や延いては仕事に影響が出てくる可能性があります。

FP自身が健康的なライフビジョンを描き、「なくなる恐怖」の根源を自分との会話によって解消し、健康的な心の状態でお客様と接することが、お客様の恐怖を解消することそして健康的なお客様のライフプランのお手伝いをできることに繋がります。

お金と心は一体です。FP自身が自分の恐怖心を知ることは大切なことです。

 

第4期FPユニバーシティ本講座&プレセミナー

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


【倫理と心理③】お金にコントロールされていませんか?

こんにちは。心理・倫理担当、心財育成㈱の安達美由紀です。

多くの方々から相談を受ける中で、こういう言葉を聞くことがあります。

「思った通りのお金が入ってこないので、怖くて先行投資できないです」
「採算を合わすためには、〇〇円くらいの相談料にしないと合わないので、その金額に設定しています」
「お金が減ると考えると、使えないです」

お金が先にあって、その後に自分やお客様がいる状態です。
つまりお金にコントロールされている状態です。

もしFP自身がこの状態だったとしたら、お客様からの相談に対しても、お金にコントロールされる提案しかできません。

「あなたはどうしたいですか?」「あなたの夢は何ですか?」「そのために何をどのようにしますか?」と聞いていたとしても、どこかで「お金があれば〇〇できますけどね~」とか「お金が無いと〇〇できませんからね~」などお金中心の言葉が出ているかもしれません。

お金はどこまでいっても『道具』でしかありません。その『道具』をどのように使いこなすのかは、その人自身の想いや考えひとつです。

想いや考えをお金の後にしてしまう習慣があるようならば見直すチャンスです。

目標を明確にし、主人公はお金ではなく、人であるという当たり前のことをしっかりと前提においておくことは重要なことです。

そしてFPである自分自身がお金をコントロールしているのか、コントロールされているのかに気付くことはもっと重要なことです。

 

第三期FPユニバーシティ プレセミナー

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


【倫理と心理②】なかなか相談料を言えなくて

こんにちは。心理・倫理担当、心財育成㈱の安達美由紀です。

ここではお金と密接に関係している“心”について書いています。

 

「なかなか相談料についてお客様に言えないんです」

「相談料ってどうやって決めたらいいんでしょうか?」

「高いって思われたらどうしようと思うんです」

「一度設定するとなかなか値上げできないですよね」

などなど。このようなことはよく耳にします。

 

この根底にあるものは何だと思われますか?

 

皆様の中にもこのように思われた経験があるかもしれません。

 

この根底にあるものは『自分への信頼が十分でない』ということです。

 

『自分への信頼』には、能力面、行動面、環境面がありますが、何より自分という「存在」に対して「信頼」という価値観に制限が掛かっているとこのようなことが起こります。

自分を肯定できない何かがあるのであれば、その理由を自分と対話し、聴きだし、何があれば肯定できるのか知ることは大切なことです。

それが出来た分だけお客様が悩んでいらっしゃることにも対話にて聴きだすことができるようになります。

お金の相談は表面にでている意識的な課題ですが、その根底である無意識に本当の課題があります。それを引出すことでお客様の本当の課題と意識的な課題を解決する提案ができることにつながります。

 

あなたは『自分を信頼』していますか

 

第4期FPユニバーシティ本講座&プレセミナー

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。


【倫理と心理①】お金と心の関係性

こんにちは。心理・倫理担当、心財育成㈱の安達美由紀です。

どうして心理が大切なのかについてお話します。

FPジャーナル2013年1月号「心のファイナンシャル・プランニング」よりリック・カーラー氏の提唱するインテイア・ファイナンス(心のファイナンス)の中で

心のファイナンスに関する面談の実施において心の面談には、可能な限り必ずセラピストにも参加してもらっている

セラピストが参加できない場合、適切な教育と訓練を受けたFPであればこのプロセスに問題なく対処することができるはずだ。と語っている。

そして「心の働きかけるサービスを提供するには」
顧客の心の内側を理解したいと考えるFPにとって最も重要かつ必要なのは自分自身の心の内側との対峙だろう。FPが自分自身のお金に関する考えや経験を掘り下げれば掘り下げるほど、顧客の考えや経験をいっそうよく理解できる。自らその道を進んでみない限り、顧客に対し効果的な道案内はできない。と述べています。

それではここで何が大切なのか?

それは『FP自身のお金に対する価値観と信念』です。

自分がどのような思い込みをお金に対して持っているのかを意識にあげることは最も重要なことだと考えます。

「あなたはお金に対してどのような思い込みを持っていますか?」

 

第4期FPユニバーシティ本講座&プレセミナー

 


登録フォーム

FPユニバ―シティからのFPで活躍するための知識やセミナーのご案内をお送りします

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。